厨房の機能性とデザイン性を両立させた店舗を実現!

厨房の機能性とデザイン性を両立させた店舗を実現!

厨房は、飲食店のデザインを考える上でとても重要なポイントとなります。

厨房づくりのポイントとして絶対に外せないのが機能性です。そこにデザイン性が加わることで、お客様にも配慮した店舗をつくることができます。

例えば、客席から厨房が見えるオープンキッチンにすることでお客様に直接料理を提供することができるため、作業効率が上がり少人数での運営も可能です。

また、開放的でおしゃれなオープンキッチンでは、お客様に安心感をお届けすることもできます。

機能性とデザイン性を両立させた厨房をつくりたいとお考えでしたら、左官の技と自然素材を組み合わせて独自の雰囲気を持つ空間を演出できる【農海工業】にご相談ください。

東京で左官の施工を行う【農海工業】

東京で左官の施工を行う【農海工業】は、店舗や住宅の左官工事を行う会社です。

得意とする分野は左官工事ですが、その他にも組積工事・石工事・タイル工事・防水工事などの湿式工事もお任せいただけます。

湿式工事を組み合わせることにより、大幅に工期の短縮を図ることが可能です。内装工事は左官仕上げだけではなく、石工事やタイル工事と組み合わせることで表現の幅が広がります。

【農海工業】の左官技術は先代から引き継がれてきたものです。そのため、熟練した技を活かした施工を提供することができます。

左官を東京で依頼するなら

左官を東京で依頼するなら

左官を東京で依頼するなら、【農海工業】にお任せください。

【農海工業】はただ平らに壁を仕上げるだけでは豊かな空間が完成するとは考えていません。壁の表面に凹凸を残すことで躍動感や温もりが表現でき、個性を出すことができます。

左官仕上げは時には波打つように、時には未完成の芸術作品のように、現場ごとに独自の仕上がりを提供いたします。工業製品と左官仕上げが異なる点は、一つとして同じ表現がないことです。

珪藻土は土の持つ荒々しさを表現でき、漆喰は繊細さを表現することができます。新しい可能性を秘めたモールテックスは様々な場所に塗ることができ、着色も思いのままです。

伝統的な技と共に新しい材料による可能性にも挑戦しておりますので、左官の施工を東京で依頼する際はぜひご利用ください。

お役立ちコラム

東京で左官の業者をお探しでしたら、店舗の施工も行う【農海工業】をご利用ください

会社名 有限会社 農海工業
目黒営業所 所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山3-13-1 長田ビル301号
TEL 03-6712-2935
URL http://noumikougyou.co.jp